SEO業界の危機的状況について

キーワードの出現率というのを高めておくことというのは、利用者にとってはあまり意味がないともいえるようです。特定のキーワードの出現率ばかりを狙って、文章がおかしくなれば問題ではあるかと思います。けれど、文章の内容が理解できて、利用者が求めることが提供できていれば、共起語が散りばめられていようと、特定のキーワードが繰り返されていようと、利用者には関係ないことであるといえるようです。そうれであれば、特定のキーワードを意図を持って狙えない文脈や共起語に飛びつく必要があるのかということだそうです。もちろん少しの違いで検索件数が大きく違ってくるキーワードというものは、中小規模のウェブサイトにとって、ひとつひとつのページでの検索件数の多いキーワードで上位表示を狙っていくためにも考え抜く必要があるものだと思います。ただ、文脈や共起語では特定のキーワードに対して対策するのはとても困難だといえるようです。もし高く評価をされたとしても、同じ意味のキーワードでも検索結果が異なる現状では、検索件数の少ないキーワードだけで上位表示されるかもしれないからだそうです。にもかかわらず、日本のSEO業界は、日本に導入される以前から文脈や共起語に飛びついたのかといえば、利益だけを追求したSEO業界の姿勢があるのではないかというのです。数百から数千のページを持つような大規模ウェブサイトであれば、一つのキーワードで狙っている分野を検索エンジンが把握しているということもあるかと思います。関連するすべてのキーワードを網羅するパワーだって持ち合わせているということで、それぞれのページで明確なキーワードを設定することなく効果が期待できるそうです。