404エラーページの作成について

ページが削除されて、なおかつリダイレクトできる代替ページがない場合の404エラーやそもそもページが存在しない場合の404エラーといった場合は、エラーページを表示せざる得ません。エラーページがデフォルトだと、ユーザーはほぼ間違いなく離脱するといえます。Webサイトを訪問したユーザーを離脱させないようにするには、ユーザーフレンドリーなサイト独自の404エラーページを用意すべきといえます。404エラーが発生しても、ユーザーフレンドリーな404エラーページを用意しておくと、ユーザーの離脱を防げるとともに、自サイトの他のページへ回遊してくれる行動に繋がります。エラーが発生したら、ユーザーフレンドリーなページを繰り返すということと、検索エンジンにも好印象な形で返す必要があるといえます。正しいステータスコードの返却をするということに留意しましょう。