XHTML1.0文書

HTML4.01の属性や要素を、これまでのブラウザで表示されるよう定義を改めたXHTML1.0文書の作成においても、もちろんこれまでのHTMLの知識を活かせるようになっていると言われています。しかし、ホームページ作成などの際、一つだけ気をつけておかなければならない点として、XHTML1.0文書はXHTMLのルールに基づくため、文法としてはHTMLよりも厳密という点ではないでしょうか。XHTML1.0文書の上で定義されている文書とHTML4.01とは次の点が異なるとされています。一つ目は「XHTML宣言」と呼ばれるもので、XHTMLの基本として文書の先頭にXHTML宣言を配置することになるでしょう。文字コードUTF-8またはUTF-16といった場合には、XHTML宣言自体を省略しても大丈夫とされているようですが、できるだけ記述しておく方が良いでしょう。